スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

AIの作った曲はまだ気持ち悪いのか

バンドのウェブサイトはwordpress化して立ち上げ直そうかと思っているので、このブログもそこに統合されるかもしれず、 短期間で中途半端な立ち位置のものになるかもしれないが。



ポータルサイトに記事が載っていたので、ついつい聴いてしまった。 YouTubeにアップされているのは2016年なので、遅ればせながら、ということになるだろうか。
世界中で、今いちばんホットな話題、分野といえば人工知能だと思うが、 かねがね、AIが作った曲で涙を流す日が待ち遠しい、と僕は言ってきた。
で、Sonyの人工知能が作ったという2曲が、YouTubeにアップされていたのだが。
といっても、実際の演奏、プロダクションは人間が行っているので、その間に加えられた色々な要素を考えると、「人工知能」の仕事っぷりをどれだけフェアに評価できるかは、難しいところではある。
人間の作曲家や、小説家とか画家もそうだろうけれど、過去の歴史をかんがみ、いろいろな音楽、芸術作品を学び、つまりは音楽で言えば色々な音楽を聴いて、そこから学習して。 その中から自分のスタイルを培っていく。
そうしたデータベースの蓄積とか量、学習能力においては、少なくともデータベースの絶対的な量から言えば、たぶん生身の人間はAIには敵わないわけで。
また、こうしたツールの使い方としては、人間の音楽家が、作曲のプロセスの一部として利用しつつ、手を加えていく、という使い方がいちばん現実的かと思うので、そしてまた、そういった使われ方はおそらく既にされているし、テクノロジーとポップミュージックの関係を考えれば、「作曲のプロセス」なんて、大なり小なり自動化されているので、そこの線引きは非常に難しい。

と、いう事実を踏まえた上で、楽曲を聴いた率直な印象は、 それが人工知能によるものだ、という先入観のせいかもしれないけれども、 気持ち悪い曲だな、と。
たぶん正直なところ、なんにも情報なしに聴いて、なんか微妙だな、と感じて、 後からこれはAIが作曲したんだ、と言われたら、 「ああ、なるほど、やっぱりね、だからなんか気持ち悪いんだ」 というのが正直な感想じゃないだろうか。
そこから感じるのは、 なんかびっくりするくらいの存在への不安。
存在する、っていうことの、とてつもない不安と虚無感。 AIに「意識」なんてものがあるのかどうかはわからないが、 意識が…

最新の投稿

日曜に教会に行って何が悪い (第一章)

アコースティック燃えてきた

「告白」から10年

大作家のエッセイ

バンドのウェブサイト作り直す?

Musicman Axis-EX Pink ピンク色のギター

本当の勝負をかける

女性シンガー募集 (センス重視)

Adjust 新しい形

女帝の100年後